こちらは『名前の由来』です!          『覚え書きブログ』はこちらをクリックしてください!

【名前の由来】DHC(ディーエイチシー)の名前の由来は知っていますか?

目次

DHC(ディーエイチシー)の名前の由来

『名前の由来研究会』の調べによると、

化粧品・サプリメント(健康食品)などの製造販売メーカーとして有名な「DHC(ディーエイチシー)」の会社名は、1972年に創業者の吉田嘉明が大学の研究室を相手に洋書の翻訳委託業を行った「大学翻訳センター(Daigaku Honyaku Center)」の頭文字をとっているが、当時は「DHC」という略称はなかった。

1980年の化粧品製造販売を開始し、あまりにも化粧品事業と会社名が一致しないということから、1981年に「DHC」と社名変更した。苦労した創業時のことを忘れないようにという思いから、「大学翻訳センター」の頭文字を残している。

もちろん今でも翻訳・通訳事業、出版事業も行って いる。

覚え書き

・設立当時の会社名である『大学翻訳センター(Daigaku Honyaku Center)』の頭文字をとっている。

この記事を書いた人

目次
閉じる