こちらは『名前の由来』です!          『覚え書きブログ』はこちらをクリックしてください!

【名前の由来】ソニーの名前の由来は知っていますか?

目次

ソニーの名前の由来

『名前の由来研究会』の調べによると、

1946年に盛田昭夫と井深大が東京通信工業株式会社(略称:東通工)を創業した。しかし、海外輸出し始めたので、グローバルな市場を開発するには、「まずアメリカ人が発音しにくい『とうつうこう』は変えよう、なおかつどの言語でもほぼ同じように読めて発音できる名前にしよう」と考えて、1955年にロゴに『SONY』を採用し、1958年にソニー株式会社へ商号変更した。

『SONY』は「音(soundやsonic)」の語源となったラテン語の「sonus(ソヌス)」と「小さい」とか「坊や」という意味の英語の「sonny」を掛け合わせた言葉で、「自分たちの会社は非常に小さいが、ハツラツとした若者の集まりである」という気持ちを込めたそうです。

覚え書

・「音(soundやsonic)」の語源となったラテン語の「sonus(ソヌス)」と「小さい」とか「坊や」という意味の英語の「sonny」を掛け合わせた造語である。

この記事を書いた人

目次
閉じる